男性

借り手や建物の管理

男女

利益率を高めるために

賃貸経営による不動産投資では、借り手および建物の管理が必要不可欠となっています。というのも、借り手から賃料を支払ってもらわなければ賃貸経営は成り立ちませんし、借り手を増やすためには、その不動産を魅力のある状態にしなければならないからです。具体的には、不動産情報誌などによる宣伝や、毎月の家賃の回収、老朽化対策としてのメンテナンスやリフォームが必要となります。この他にも、借り手を逃さないようにするために、建物の衛生管理やセキュリティ管理にも力を入れる必要があります。こういった賃貸管理により、借り手が早めについたり、退去する人が少なくなったりすれば、それだけ利回りは良くなります。逆に賃貸管理を疎かにしていると、空室が増えやすくなることから、利回りは悪くなっていきます。このように、賃貸経営で得ることのできる利益は、賃貸管理の充実度で決まると言っても過言ではないのです。とはいえ、副業として賃貸経営をしている場合、本業があるため賃貸管理に集中することは困難です。そのような場合には、管理会社に委託することで、本業に専念することが可能となります。管理会社には、家賃の10%ほどをサービス料金として支払うことで、上記の賃貸管理を基本的に全て引き受けてもらえるのです。しかもプロの目線での行き届いた賃貸管理が行われるため、顧客満足度が高まりやすくなります。つまり賃貸経営が手軽になるだけでなく、より利益率の良いものとなるわけです。