男性

マンションの管理

集合住宅

管理会社選びのポイント

不動産を所有して家賃収入を得るためには、必要な経費について知識を深めることが大切です。マンションやアパートなどの賃貸物件を維持するためにかかるお金を管理費や維持費と言います。管理費は、マンション管理人への給料や共益部分の清掃などに使われているのが特徴です。賃借人は家賃と一緒に管理費を支払っているケースがほとんどですが、内訳については入居時に説明が行われます。マンション管理を業者に依頼する際に、どこに依頼すればいいのか悩む人も少なくありません。家賃収入を得ている人の多くは、いつも利用している不動産会社に委託していたり個別の業者に分離発注しているのが一般的です。不動産会社にもさまざまあり、物件の仲介をメインに行っているところもあればビルメンテナンスや警備まで総合的にサポートできるところもあります。必要に応じて使い分けることができますが、何軒もマンションを所有していたり細々した業務を一つの会社に委託したい人には、さまざまな業務に対応できる不動産会社がおすすめです。清掃状態が悪かったり居住者からの依頼に対する対応が不十分だったりする場合、管理会社を変更することも可能です。マンション管理費に見合わない業務内容である場合は、コストパフォーマンスを優先して他の管理会社を利用することで快適なマンション維持につながります。マンション管理を委託する業者を選ぶ際には、どのような物件を管理しているのかや業務に対する姿勢についても確認しておくことがポイントです。